R.I.P. Robin Gibb (of Bee Gees)

Bee Gees 3兄弟のひとり、闘病生活を続けていた Robin Gibb さんが、米国時間の5月20日、逝去されました。62歳でした。ご冥福をお祈りします。
 
 
5人のGibb兄弟のうち、Barry と双子の Maurice, Robin の3人が Bee Gees で、末っ子の Andy がソロで、それぞれ70年代から80年代初めに大活躍したのですが、Andy が1988年に30歳で、Maurice が2003年にそれぞれこの世を去り、Barry 一人になってしまいました。
78年を代表する Bee Gees、79年を代表する Donna Summer の訃報が、わずか数日の間に続き、信じられない気持ちです。
Bee Gees の記録映画をスピルバーグ監督が製作中とのことですので、こちらで再会することができるかもしれません。
 
Billboard 誌のサイトの記事によると、Hot 100 チャートで1位を9曲というのは、グループでは、Beatles の20曲、Supremes の12曲に次いで、歴代3位の記録だそうです。
1967年の New York Mining Disaster 1941 (14位)から、1997年の Still
Waters (Run Deep) (57位)まで、Hot 100 ヒットは43曲。その他、Andy Gibb
をはじめ、多くの楽曲をアーティストに提供しています。
 
Bee Gees' Top 20 Billboard Hits
Rank - Title - (Year) - Hot 100 Peak Position (weeks spent at No. 1)
 
1. "How Deep Is Your Love" - (1977) - No. 1 (for 4 weeks)
2. "Night Fever" - (1978) - No. 1 (8 weeks)
3. "Stayin' Alive" - (1978) - No. 1 (4 weeks)
4. "How Can You Mend a Broken Heart" - (1971) - No. 1 (4 weeks)
5. "Jive Talkin'" - (1975) - No. 1 (2 weeks)
6. "Too Much Heaven" - (1979) - No. 1 (2 weeks)
7. "Love So Right" - (1976) - No. 3
8. "You Should Be Dancing" - (1976) - No. 1 (1 week)
9. "Tragedy" - (1979) - No. 1 (two weeks)
10. "Love You Inside Out" - (1979) - No. 1 (1 week)
 
11. "Lonely Days" - (1971) - No. 3
12. "Nights on Broadway" - (1975) - No. 7
13. "I've Gotta Get a Message To You" - (1968) - No. 8
14. "I Started a Joke" - (1969) - No. 6
15. "One" - (1989) - No. 7
16. "Fanny (Be Tender With My Love)" - (1976) - No. 12
17. "Boogie Child" - (1977) - No. 12
18. "Words" - (1968) - No. 15
19. "Run to Me" - (1972) - No. 16
20. "(The Lights Went Out In) Massachusetts" - (1967) - No. 11
 
Bee Gees の素晴らしい作品たちを聴きつつ、別れを惜しみたいと思います。
 
   (Courtesy of The Music Expert Retro Countdown with Jeff Michaels)
 
 
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0