2010年代のラジオ・フォーマットの傾向

2010年代に入り、昨年後半あたりから、アメリカのラジオ局の各フォーマットで放送される曲の年代が変化してきました。特に変化しているのは、以下の3つのフォーマットです。確かに、70'sは、30年から40年前の曲、80'sも20年から30年前の曲になりましたからねえ。

1. Classic Hits

90年代の Classic Hits は、60'sと70'sの曲で構成されていたのが、00年代に入って、64年から80's前半(一部の局は、79年まで)の構成になりました。それが、10年代に入り、多くの局は、60'sを殆どかけなく、70'sと80'sの構成が中心になっています。60'sは、True Oldies や Oldies フォーマットの局に移動しました。

2. Adult Contemporary / Soft Rock

90年代から00年代は、70's、80's中心に最新のAC曲を織り交ぜた編成だったのですが、10年代に入り、70'sは1時間に1~2曲のみで、80's以降が中心という局が増えてきました。なかには、New York の WLTW-FM のように、Hot AC に近づいている局も出てきました。一方、70'sを積極的にかける、現代の Easy Listening 的な選曲の Super-Soft AC の局、たとえば、WDUV-FM Tampa, FL も少数派ながら人気を呼んでいます。

3. Hot AC / Adult Top 40

00年代は、80's、90'sから最新の Modern AC の曲のブレンドだったのが、10年代に入り、80'sの比率がかなり減ってきました。90's以降の曲が中心になり、これまで Top 40 でしかかからなかった Turbo-Pop と呼ばれる Dance-Pop 曲が頻繁にかかるようになりました。10年代のこのフォーマットを一言で表現すると、Variety であり、ラジオコンサルタントの Sean Ross 氏は、Hot AC には以下の6つのジャンルが入り混じっていると分析しています。(アーティストは、現在、Hot AC チャートにランクインしている曲から。)

Turbo-Pop -- Katy Perry, Ke$ha, Lady Gaga, Avril Lavigne, Enrique Iglesias, Usher
Modern AC -- Script, Christina Perri, Train, Onerepublic, Colbie Caillat, Sara Bareilles
Alternative Crossovers –- Linkin Park, Stone Sour, My Chemical Romance
Mainstream Pop -- Bruno Mars, Pink, Cee-Lo Green
Indie Pop (Triple A) –- Adele, Mumford & Sons, Florence + the Machine
Country –- Taylor Swift, Sugarland
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0