ブログ1周年!

おかげさまで、ブログ初記事(2008年1月26日)からちょうど1年を迎えることができました!支えていただいた皆さんに感謝いたします。

毎年1月下旬は、1年で仕事が一番忙しい時期で殆ど休みなしなので、そんな時期にブログを始めたというのも無謀といえば、無謀ですが、人間、忙しいときほど普段できないことをやりたくなるものです(苦笑)。

私自身、この1年、どの局を一番熱心に聴いただろうと考えた末、お気に入りの局に賞を贈ることにしました。栄えある第一回の受賞局を勝手に発表します!!

★ My Favorite Stations of 2008

KOIT-FM 96.5 Soft Rock, Less Talk - San Francisco (Adult Contemporary)
KMXV-FM Mix 93.3 Kansas City's #1 Hit Music Station / KMXV-FM WMP - Kansas City, MO (Top 40 / Pop)

KOIT-FM は、サンフランシスコで聴取率1位を走り続けているEntercom Communications 傘下の人気局で、このブログでもファンが多い局です。Adult Contemporary の局は、オンエアされる曲が新旧とも比較的限られていて、毎日聞いていると飽きてくることもあるのですが、この局は70sから最新曲まで相当幅広くいろんな曲がかかります。現地朝のMorning Drive の時間帯(日本では夜)も、音楽が多いのでいつ聴いても楽しむことができます。

KMXV-FM は、ミズーリ州カンサスシティのContemporary Hit Radio の人気局で、この街を本拠地に全米数都市にラジオ局を展開しているWilks Broadcast Group の看板ステーションです。オンエアされる曲は、最新ヒットチャートにかなり忠実で、最近のTop 40局では珍しく、少し以前の曲もバランスよくかかります。ジングルも楽しく、とにかくDJの皆さんが楽しんで仕事をしている様子が伝わってくるオススメの局です。KMXV Playlist

★ Special Recognition

KQLL-FM New Kool 106.1, Classic Top 40 - Tulsa, OK (Classic Hits 70s-80s) Nenad.Radio から
CFN (Canadian Forces Network) Europe

American Top 40 再放送でもおなじみの2つの局で、週末に Casey Kasem の番組を、KQLLは14時間、CFN Europe は、16時間、それぞれ放送してくれます。
KQLLの Classic Top 40、70s-80s のTop 40 の選曲はとにかく感動ものです。本当は、My Favorites の一つなのですが、このブログから直接聴くことができなくなってしまったので、特別賞です。
CFN-Europe は、FEN、現在のAFRに似た編成の在欧カナダ軍向けの局で、スタジオはオランダにあります。AT40 の70s, 80s のほか、American Top 20 や Bob Kingsley の Country Top 40 の放送もあります。こちらもアメリカのFM局ではないので、特別賞です。CFN-E Program Schedule

★ Honorable Mention

KTWV-FM 94.7 The Wave - Los Angeles (Smooth Jazz)
WUSN-FM US 99.5 - Chicago (Country)

仕事などでちょっと疲れたときによく聴いている2局です。
KTWV-FM は、Los Angeles にある Smooth Jazz の草分けの局。Morning Drive は、Brian McKnight が担当しています。KTWV Playlist
WUSN-FM は、今年のRadio & Records Radio Award で Country Station of The Year に選ばれた局。メジャーでPopな選曲です。WUSN Playlist
両局とも、CBS Radio 傘下で、ストリームの音質も優れています。

この1年、KQLL の Kevan Seal さん、KMXV のJenny Matthews さんはじめ、各局のDJやProgram Director、Engineer の皆さんとメールや電話で話をすることができるようになったのも大きな財産でした。
このほかにももちろんお気に入りの局はたくさんあるのですが、書き出すと長~いリストになるので、ここでやめます。

今年も、どうぞよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0